みなさんは仕事をする上でどこに仕事の遣り甲斐を感じていますか?今の仕事に対して単調でつまらない、興味が持てないなどの不満を抱いている方は当サイトをご覧ください。仕事を楽しくするための秘訣をお教えいたします。

日々の仕事に遣り甲斐を持って働いている人たち

良い仕事をするにはネットワーク作りが必要

仕事は自分一人ですることはできません。自分に協力してくれる人たちが必要です。協力してくれる人たちを増やすことで、仕事上のネットワークができます。このネットワークは人脈と言ってもよいでしょう。人脈が広がれば、自分の仕事がやりやすくなります。例えば、営業の仕事だったら、自分の営業により商品やサービスを購入してくれた人が、それを友人に紹介することで、ネットワークが広がっていきます。負のネットワークができてしまうこともあるので、ネットワーク作りには細心の注意を払わなければなりません。信頼関係を基本としたネットワークを作りましょう。あの人のことは信頼できると評価されると、プラスのネットワークがスムーズに広がっていきます。
共感も大切です。自分に共感してもらうのではなく、相手に共感するようにします。例えば、相手が病気で苦しんでいたら、その苦しみに共感します。そのような共感は仕事につながらないと考えてはいけません。自分の苦しさを分かってくれる人には、どんな人も心を開きます。そして心の通い合いができるようになります。これが仕事のネットワーク作りの基礎になります。
人脈はどんどん広げていきましょう。仕事にこだわらずに、いろいろな人に会うようにすれば、それは広がっていきます。例えば、読書会に出席するようにすれば、いろいろな年齢のいろいろな仕事をしている人たちと出会うことができます。その出会いは、直接ビジネスにつながらないかもしれません。それでも出会いによって人脈ができれば、いつかはビジネスが成立することもあります。例えば司法書士の人が読書会に行っていれば、そこで知り合いになった人から法律に関する相談を受けることもあるでしょう。