みなさんは仕事をする上でどこに仕事の遣り甲斐を感じていますか?今の仕事に対して単調でつまらない、興味が持てないなどの不満を抱いている方は当サイトをご覧ください。仕事を楽しくするための秘訣をお教えいたします。

日々の仕事に遣り甲斐を持って働いている人たち

新聞配達の仕事をする長所や短所と挨拶の必要性

新聞配達の仕事をするメリットは、労働時間が短い、収入増加、休みやすいなどです。労働時間が短く、車を使用して回ったとしても2時間未満で終了します。しかも、早く届け終わることができれば、その分時間が空くことになるのも魅力的な部分です。空いた時間は家に帰り一休みということもできます。収入増加は最大のメリットです。毎朝継続して新聞配達の仕事をしていれば、月に4万から5万円の収入増加につながります。出社時間が3時から4時なので、終われば通常勤務も可能です。また、休みたい時には事前に申請すれば休めます。
デメリットは、天候悪化、睡眠時間、怪我や車の傷などがあります。雨や雪が降っているような悪天候の時でも、新聞を配達するのが仕事です。その際は、新聞が濡れないようにビニールへ入れるのに手間がかかります。住んでいる地域によっては大雪や大雨が多いこともあり、きついかもしれないです。朝4時には会社へ行かなければいけないので、睡眠時間を確保する必要があります。夜更かしが出来なくなるので、付合いが多い人は大変かもしれないです。また、生活のリズムが変るため、最初は身体がついていかないこともあります。寒い時期や雨が降った後の地面は滑りやすく、転んで怪我をしやすいです。車の時も、いつの間にか傷がついたりへこんでいる部分が増えるかもしれないです。あと、事故だけは起こさないように注意が必要です。
挨拶は先輩配達員や上司に相当する人、配達先で出会った人には必要です。ただ、深夜3時から5時にかけて市内を巡ることになるので、出会う人はあまりいません。会社に配達用の新聞を取りに行く時と作業終了後に声をかけるだけで、ほとんど挨拶をする機会はないかもしれないです。