みなさんは仕事をする上でどこに仕事の遣り甲斐を感じていますか?今の仕事に対して単調でつまらない、興味が持てないなどの不満を抱いている方は当サイトをご覧ください。仕事を楽しくするための秘訣をお教えいたします。

日々の仕事に遣り甲斐を持って働いている人たち

図書センター等における司書の仕事を希望するには

学校の図書館や地域の図書センターにおける就業形態の1つに司書があります。司書は、他の職種と比べて求人数は限られるものの本に囲まれて仕事ができることから、本好きにとっては最も理想的な職種の1つとなります。司書は、通常、複数人数を雇うことはほとんどなく、そのために、就業についた場合には、自分の理想とする図書館を目指すことができるなど、魅力的な仕事になります。資格としては主に3種類があり、学校図書館での勤務を希望する場合には教員としての免許が必要になります。したがって一般的な職場を求める場合には、図書センターなどの図書館や図書施設が就業する場所としての対象となります。
司書の仕事内容に関しては、就業先の施設によって異なってきます。例えば公立図書館の場合には、図書に対しての知識はもちろんのこと来訪者を対象として様々な対応が業務内容になり、ここでは、人とのコミュニケーション能力が求められます。図書館司書を希望する場合には、必ずしも資格をしていることが必須ではありませんが、ほとんどの図書施設では資格の保有を条件としており、就業を希望する場合には事前に取得をしておく必要があります。
司書の資格取得は、文部科学省によって条件が定められており、1つ目としては、短大を含む大学、または、高等専門学校の卒業生が講習を修了し取得をすることがあります。2つ目としては、同様の教育機関で資格取得に必要な科目を履修し、卒業を待って取得をする方法があります。3つ目としては、高校か高等専門学校を卒業後、3年以上司書補として勤務経験を持ち、講習を修了した後に取得をする方法があります。
司書への就業を希望する場合には、資格のほかに、例えば公立図書館などでは公務員資格も必要になり、自分がどのタイプの図書施設を目指すのか定めた上で、準備をすることが大切なことになります。