みなさんは仕事をする上でどこに仕事の遣り甲斐を感じていますか?今の仕事に対して単調でつまらない、興味が持てないなどの不満を抱いている方は当サイトをご覧ください。仕事を楽しくするための秘訣をお教えいたします。

日々の仕事に遣り甲斐を持って働いている人たち

仕事を楽しくする方法

仕事をしているとどうしてもストレスがたまってしまいます。時間に追われたり周囲の人と比べられたり、上司に怒られたりと日々ストレスがたまっていくでしょう。忙しいと朝から夜遅くまで働いて、毎日家と会社の往復だけになってしまいます。しかし毎日ストレスがかかってしまうと、自分の体にも良くありませんし、イライラするとうまくいく仕事もいかなくなってしまいます。また、家に帰ってもイライラしていると家庭もうまくいきません。イライラせずに楽しく仕事ができれば、家庭もうまくいきますし、毎日職場へ行くことも楽しくなり仕事が楽しくなって次第にやりがいもでてきて向上心がわき、自然と良い傾向に導いてくれます。楽しくする方法としては、周囲に流されすぎないことです。周りの同僚や上司が仕事が凄くできる人だと自分も成果を出さなければと思って焦ってしまいますよね。そう思うことはとても大切なことなのですが、焦ってしまうと逆に空回りをしてしまうことが多いのです。そしてうまくいかなかった時には自分を責めて追い込んでしまいます。そうなるともう悪循環にしかなりません。ですからまずは周囲の人に流されずに自分に今できることを精一杯することが大切です。自分に今できることを精一杯することで、徐々に力がついていって自然と仕事がうまくいくようになります。上司にも認められることができますので、信頼されるようになり次第に業務を任されるようになります。そうなると責任感がわいてきて、向上心が芽生え、楽しく業務を遂行することができるようになります。人と比べず今自分にできる仕事を精一杯することで、仕事も順調にいき、上司との信頼関係も築くことができるので、毎日楽しく業務をこなすことができます。

仕事の遣り甲斐の見つけ方

仕事の遣り甲斐を見つけるというのは、そんなに簡単なことではありません。恵まれている人は、自分がやりたいと思う仕事に就くことができますし、就職先も自分で選んで入るということができます。こうした場合は、最初から遣り甲斐を感じながら仕事ができるわけですから、とても張合いもあって、どんどん遣り甲斐が膨らんでいくという好循環となります。一つ心配があるとすると、何かの拍子に挫折したり、壁にぶつかったりしたときに、乗り越えられるかということでしょう。でも、乗り越えられるかは本人次第であり、その点では恵まれていない人と同じようなことになります。では、それほど恵まれていない人はどうでしょうか。ほとんどの人がこの範疇に入るはずですが、第一志望がうまく行かなかったり、違うジャンルの企業であったり、職種も自分の希望とは異なっっているなどということがあっても、社会人になって、何らか生活の糧を得なくてはならないから、就職したという人が圧倒的に多いはずです。でも、そのこと自体を悲観する必要は全くありません。どのような企業であっても、どのような職種であっても、遣り甲斐というには、そこにあるのではなく、自分の仕事に取り組む態度、姿勢にあるからです。初めから天職があるわけでないと言われます。命を掛けて初めて天職になるというのです。天命などというものも初めからはないと言われます。やはり命を掛けることによって天命となるということです。天職とか天命というと、少し大げさですが、実は縁あって担当した仕事を一つひとつ大事にして、創意工夫しながら、繰り返し行い、改善することも考え、取り組んでいく、そしていくと、その仕事に遣り甲斐が出てくるのです。先ほどの挫折や壁を乗り越えるのも同じことで、魔法の杖はないのです。先哲先人が、目の前の仕事を大切にせよと説くには、そこに真理があるからのです。

仕事で失敗しても挫けない方法

仕事で失敗をすることはよくあります。中には自分を否定して、どんどん追い込んでしまい、うつ病にまで進行していく場合もあります。これは失敗の経験が少ないために、どう対処していいのかわからないということではないでしょうか。だから失敗はおおいにやるべきです。といっても同じ失敗を何度もやっていては、経験を活かしていないことになるので問題ですが、失敗しても挫けないには、考え方とその後対応が必要です。まず、考え方ですが、どんなに優秀な人でも失敗はします。誰でもすると考えることがです。そして、失敗したことに落ち込んでいるのではありません。そのことを周囲の人がどう見ているか、どう思っているのかを気にしています。つまり、他人の目を気にして自分で悪い方向に考えています。成功しても失敗してもやることは、与えられた仕事をやるだけですから、他人の目を気にしてもしょうがありません。次に、その後の対応ですが、落ち込んで何もしないのでは周囲の評価はがた落ちです。むしろ、その対処で評価は上がりますのでチャンスととらえるべきです。しっかり報告をしてどうするかを上司や同僚と相談する必要があります。これは、早ければ早いほどいいです。そのときに謝ったり、怒られたり、イヤなことはあるでしょうが、それで自分の失敗の罪意識をなくすと考えればよいです。そもそも、仕事での失敗は1人が原因で発生するということはほとんどありません。組織の問題であったり、システムの問題であったり、ルールの問題であったりします。その問題がそのままであれば、いずれ誰かが失敗します。それを早く起こしてバグ出ししたということなので良いことです。その問題を解決することに全力を注ぎ、それをみんなに共有できれば会社としては利益となります。
◎問題解決をする気持ちが大切なディレクター業をご存じでしょうか?
WEBディレクターという仕事
◎看護師での転職を考えているならこちら
転職を考えている看護師のためのサイト